<修繕工事の検査の実際と基礎知識>

▽タイル浮き診断

 打音調査は、鋼球やハンマーなどを転がす、あるいは叩くことでタイル壁面の内部の浮き・剥離を検知する方法です。鋭敏で精度の高い結果が得られることから、業界では推奨されている調査方法です。(1分11秒)


▽シーリング検査

 シーリング工事完了後、品質検査として工事監理者下でシーリングの接着性確認試験を行います。施工部位及び施工仕様ごとに決められた箇所数の抜き取り試験を実施し、適切な接着強度が確保されているかを確認します。(2分51秒)


▽塗膜防水膜厚検査

 ウレタン塗膜防水層は、施工現場で下地に液状材料を塗布 し、その硬化により防水層を形成す るものであります。材料の塗布作業は、下地の状態、施工時の環境、作業者の技能、工法等の影響を受ける。その ため、膜厚の不均―や厚み不足が生じる場合もあ り、 それを確認す るため膜厚測定検査が行われています。

(1分13秒)


▽打ち継ぎ目地・誘発目地

 打ち継ぎ目地とは、コンクリートを打ち継ぐ際に、のちに発生するクラックから雨水の侵入などを防ぐために、計画的に設けるコンクリート構造体の継ぎ目のこと。 この部分はあとでシーリング材を充てんするために、コンクリートの打設時、適当な溝を形成しておく。

 誘発目地(ゆうはつめじ)とはコンクリートの乾燥収縮を想定し、ひび割れが入りそうな場所にあらかじめ作成して、他の場所へのひび割れを抑制するための目地のことです。正しくは「ひび割れ誘発目地」といいます。(1分20秒)



<マンションの大規模改修工事のポイント>

古賀一八 元福岡大学工学部建築学科教授

「マンションの大規模改修工事に向けて」から抜粋

◆お金を掛けずに良好な状態でマンションを維持していくには

管理会社の提案を丸呑みしない。住民が取捨選択できるだけの知識や相談相手を持ち、日常自分のマンションの状態に関心を持つこと

劣化現象が解れば、改修時にどうしたら劣化を防げるかが解ります。→改修時期も判断できます。

自動車のタイヤ交換時期はどう決めていますか?年数ですか?タイヤのすり減りやひび割れ状態を見て決めていませんか? →年数ではなく、仕様によって改修時期は異なる。

◆劣化や改修事例をたくさん見ておくことが大事です

劣化や改修事例を知り、目利きになりましょう。知っていることは、これから改修する自分のマンションの将来の姿が予想できます。

無駄なことをせず、いい加減なことをさせずに、同じ過ちをしなくて済むように、普段の行動の範囲の中で、たくさんの劣化事例を見て、原因推定や対策を考える癖を付けて下さい。

他のマンションの改修事例をたくさん見ておき、話しを聞くことが重要です。

◆建物を長持ちさせるポイントは

水に長時間晒さないこと