「ペットOK」のはずのマンションを購入した人から相談があり、ほかの住人のペットの不始末が原因でマンションの管理規約が変更され、ペット飼育禁止になってしまったという事例を「あさひ法律事務所」代表弁護士の石井一旭氏が解説する記事がありました。高等裁判所の判例をベースとした記事です。 ・Yahoo記事...
 熊本地震で多くの建物被害が発生した熊本市で、築40年を超えるマンションの耐震化が進んでいない。市は改修などを支援する補助制度を2019年度に設けたが、これまでの利用実績はゼロ。関係者は、古い物件ほど住民の高齢化や資金不足で合意形成が難しく、耐震工事のハードルが高いと指摘する。...

管理会社から管理業務契約打ち切りの問題についての新聞記事...

 マンションの管理計画が適切かどうかを自治体が認定する新制度が4月1日に始まるが、同日に認定の受け付けを始めるのは全体の5%程度の自治体にとどまることが国土交通省の調査で分かった。...

障害者が共同で暮らすグループホームの入居について大阪・淀川区のマンションの管理組合が、住宅以外の用途で使うのは規約違反だなどとして、運営する社会福祉法人を訴えた裁判で、大阪地方裁判所は、社会福祉法人にグループホームとして使わないよう命じた。マスコミ各社が報道している。...

2021年11月26日都政新報に熊管連のマンション地震対応箱MEASを紹介する記事が掲載されました。

2021年12月10日付け日経新聞のトップの記事「政府は分譲マンションの建て替え条件を緩和する検討に入る。所有者の賛同割合の引き下げなどを柱に区分所有法の改正をめざす。建て替えやすくして老朽化マンションの増加に歯止めをかける。2022年度にも法制審議会(法相の諮問機関)に諮問する。建て替えに必要な賛同を現在の「5分の4」から、共用部の変更や管理組合法人の解散などを決める場合と同じ「4分の3」かそれ以下に引き下げる内容」

熊本日日新聞の報道によると、熊本市は11月15日に住宅審議会を開催し、熊本市内721管理組合にアンケートに対して449組合から回答を得てそのうちの24%が要支援とした報告をした。①総会未開催②管理規定未制定③長期修繕計画未制定④管理と修繕積立金の未区分のいずれかに該当する組合を要支援とした。管理適正化推進計画素案が審議会にて承認された。

中古マンションの流通を促す新制度が相次ぎ始まる。管理の状況などを評価して公表したり、長期優良住宅の認定を取りやすくしたりする。老朽化したマンションで空き家が増え始めると、修繕積立金を払う人が減って修繕が滞り、退去者も増える負の循環に陥りやすい。新制度は高齢化に伴う「マンション空き家」の未然防止も狙いだ。 日経新聞2021/7/26

 大手のデベロッパーが販売する東京都内のタワーマンションで建築上のトラブルが紹介されています。以下記事を抜粋...

さらに表示する