マンション選びプロの視点 新築・中古別注意点13選|NIKKEI STYLE
 都市部のマンションに関しては新築供給戸数が限られ、価格も高騰していることから、中古に目を向ける人が増えている。特に首都圏マンションはここ数年、新築供給戸数を中古成約件数が上回る状況が続く。...

 熊本市住宅政策課マンション管理支援班から「マンション管理通信 Vol.2 2021.4」が発行されました。令和3年度(2021年度)に熊本市は「マンション管理適正化推進計画」を策定し、令和4年4月から認定制度をスタートします。...

 熊本日日新聞2021年4月14日の記事によると、2016年熊本地震で全壊と判定されたマンションは熊本市内に17団地あり。修理、建て替え、解体などの方針が唯一決まっていなかった東区の1棟が、2021年5月から解体がはじまることとなった。...

 熊本地震後5年となる2021年4月、4月19日朝日新聞は「解体、住民8割以上で決議 でも市は「全員同意」」「被災マンション 高い壁」の見出しで、震災5年の全壊マンションを特集した。...

 神戸市内の地上20階建て、249戸の分譲マンション高層マンション「アパタワーズ神戸三宮」の外壁タイル剥落を巡り、管理組合が発注者と設計・監理者、施工者の3社に対して損害賠償を求めた訴訟が、大阪地方裁判所で和解した。2021年1月13日に施工者などが、計約1億1540万円を管理組合に支払うことで調停合意した。...
2016年の熊本地震で、隣接する6階建てのビルが傾き、9階建てのマンションの外壁、バルコニーに接触し、マンション側は隣接するビルの補修を求め17年8月に提訴。熊本地裁は工事費折半の補修工事実施の調停を決定した。原告は調停歓迎だが、被告側は不満が残る。記事:熊本日日新聞2月11日
福岡県暴力追放運動推進センターが代理訴訟制度を活用し、暴力団道仁会系の組長を相手取って、久留米市のマンション一室を組事務所として使わないよう求めた訴訟の判決で、福岡地裁久留米支部は2021年2月5日、使用禁止を命じた。全国暴追センターによると、この制度を利用した訴訟で判決は初めて 日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG051XR0V00C21A2000000/ yahoo...
 神奈川県逗子市で2020年2月、分譲マンション敷地内の斜面が崩落し、女子高生が土砂に巻き込まれ死亡した事故で、生徒の遺族が2021年2月5日、マンション住民と管理会社などに総額約1億1800万円の損害賠償を求め、横浜地裁に提訴した。...
 当連合会も取材を受け、2020年12月6日熊本日日新聞朝刊の社会面に大きく標記タイトルの記事が掲載されました。以下、記事の一部を紹介します。...

2020年10月20日YKKapリニューアルされた展示場見学に熊管連の会員3名が参加した。「マドとドア」体験型展示場で窓の改修の効果を実際に体験できるコーナーが設けられていた。また、地震でゆがんでも開閉できる玄関ドアなど最新の製品が展示されていた。

さらに表示する